2013年01月09日

明治からの流れに・・・坪内逍遥の『小説神髄』

『小説神髄』(しょうせつしんずい)は、坪内逍遥の文芸評論。
1885年 - 1886年(明治18年 - 19年)に松林堂から刊行。

上巻において、小説で大切なことはまず人情を描くことで、
次に世の中の様子や風俗の描写であると論じ、下巻において具体的な方法を示す。

exclamation×2それまでの明治期の文学とは明らかに違う作品であることは
疑う余地はないでしょう。明治に入ってからの日本文学は、江戸の戯作の流れを汲む戯作文学か、
西洋の思想・風俗を伝え啓蒙するための政治小説が中心だったが、
『小説神髄』は道徳や功利主義的な面を文学から排して
客観描写につとめるべきだと述べ、
心理的写実主義を主張することで日本の近代文学の誕生に大きく寄与した。
posted by れきぶん at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。